日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
必修逃れ、さらなる波紋
061029_2.jpg

先日から大騒ぎになっている履修漏れ問題。メディアでは、意図的に履修しなかったので悪質と考えたのか、「必修逃れ」という聞こえの悪い言い方に変えてきている。

前回、私は「履修漏れ隠し」が問題にならないか強く懸念することを書いた。そしたら、早速…。
[必修逃れ、さらなる波紋]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:必修科目履修漏れ - ジャンル:学校・教育

矛盾が避けられない履修漏れ対策
061027_2.jpg

前回取り上げた世界史の履修漏れ。予想通り、日を追うごとに公私立問わず、そして世界史に限らず、問題が拡大している。

文科省幹部はあくまでも学習指導要領を楯に、不足分の補習をするようかたくなな姿勢である。世界史A2単位取得に必要な授業時間は70時間。まだこれなら、土日や冬休みを利用するか、卒業式を遅らせることで物理的には対応可能だ。しかし、盛岡中央高校のように10単位350時間もの補習をそのまま行うことは、もはや現実的ではない。

そして、履修漏れがあった学校数は、全国で400校を超えると言う。この現状を踏まえ、今後の展開を考察してみることにする。
世界史の履修漏れ
061025.jpg

富山県の県立高校で、必修の世界史の履修漏れが問題になっています。大学受験に注力するために、受験に必要のない世界史の授業をせず、教育課程上はやっていたことにしていたと言います。
預金ではない預金
061024.jpg

朝日新聞に「デリバティブ預金、中身複雑 実は「投資」」という記事があった。

この預金システム、非常に複雑で素人の私にはよく理解できないのであるが、以下のように解釈した。
・通常の定期預金より金利が高い。年1%台。
・満期が5年か10年かは、定期預金の金利動向と比較し銀行側に都合の良いように決める。
しかし次が問題である。
・中途解約した場合に違約金で元本割れする可能性がある。しかもその違約金額はそのときまで分からない。
交通ルールを守る意識をもう一度
061021.jpg

秋の交通安全運動初日、嫁さんが交通違反切符をもらってきた。法定速度40km/hのところ22km/hオーバーの62km/hで運転していたと言う。罰金15000円が家計からむなしく消えていった。
みっともない解約手続き
061020_2.jpg

銀行が投資信託の勧誘をし、契約させた際に目論見書の交付を怠ったコンプライアンス違反が決め手となり、銀行側が全面解約と不足分の補填に応じることで合意書を交わしました。
相次ぐいじめ問題、問われる教職員の意識
061019.jpg

いじめによる自殺者が後を絶たない。しかもその背景に、教師の規範意識や教委の事なかれ主義まで明らかになり、残念でならない。

北海道滝川市の小学校で小6女児が首をつり、その後死亡した。女児は遺書を多数したためながらも、市教委はいじめが原因となかなか認めず、最近まで遺書の存在さえ否定した。文部科学省の一喝によりようやく認めると言う無様な対応だった。

一方、福岡県筑前町では中2男子生徒が自殺した。教師がいじめを助長する発言をしたと言う。「からかいやすかった」と言う弁明。教師がいじめを解決するどころか、原因を作ってしまうとはもってのほかである。
いよいよ解約手続きができそうです
061018_2.jpg

例の銀行の投資信託契約不備問題で、稟議が通り全面解約手続きの準備が完了した模様で、銀行から連絡がありました。1週間余りでの決着となりそうですが、まだ何かあるかもしれませんので、完全に安心はできないものの、全面解決へ向けてまた一歩前進です。
我が家を取り巻く過去の問題事案
061017_2.jpg

先日、例の、合併したばかりの銀行による事案がありましたが、ここで我が家を取り巻く過去の主な問題事案を整理してみたいと思います。
過去記事:センター試験トラブル
061018.jpg

2005年1月22日付で書きました記事をこちらに再掲載いたします。
-----------------------------------------------------------
今年の大学入試センター試験で、試験時間のミスなどトラブルが相次いでいるようですね。中でも国語Ⅰの、教科書の文章がそのまま出題されてしまったのは大失態でした。問題作成にはおそらくたくさんの有識者が携わっているでしょうに、「模試に出したら恥ずかしい」と予備校講師に言われるなんて、いったい何をしていたのでしょう…。
過去記事:優勝騒動は「一種のテロ行為」
061016.jpg

2003年9月28日付で作成した日記記事をこちらに再掲示します。
3年前の騒動がいかに凄まじいものだったかを思い出します。
----------------------------------------------------------

阪神タイガースが18年ぶりに優勝しました。私が野球とはどんなものかを知ったのがちょうど18年前の小学4年生のときでした。清原・桑田のPL学園がすごかったので、興味を持ち始めました。高校野球が終わったら今度はプロ野球。折りしも当時は阪神が21年ぶりの優勝に向けて快進撃を続けており、それが縁で私も阪神ファンになったのでした。プロ野球シーズンが終わったら今度はアニメの「タッチ」が大人気。そのタッチが今再放送をしているのも何かの縁でしょうか。
過去記事:勉強もきちんと評価しよう
061015.jpg

2003年10月25日付で作成した日記記事をこちらに再掲示します。
-------------------------------------------------------

最近の小中学生の学力低下が叫ばれ、教育への関心がある意味高まっているように感じる。そんな中で私の中学時代、そして塾講師の経験を踏まえて言うと、一番勉強すべき中学時代に皆勉強しないことである。いや、勉強することがアホらしい雰囲気があり、それどころか勉強することが罪のような風潮さえある。なぜだろうか。
個人レベルでの対抗措置の限界
061014.jpg

今回の一連の、銀行に対する抗議活動。実は私はこういうことが苦手であります。だいたいからして人を叱ることは普段全くしないこと。しかし、相手に落ち度や不正行為があり、本当に我慢しかねる場合はしかるべき措置を取らなければならないこともあります。
銀行の不正契約と杜撰手続き問題(続き2)
061012.jpg

本件の続報です。先ほど本件問題の銀行の支店長が謝罪に来られ、「本部と協議した結果、目論見書を交付しなかった不備がある以上、全面解約に応じるように進めたい」と打診されました。
銀行の不正契約と杜撰手続き問題(続き)
061011.jpg

昨日指摘しました当該銀行の問題点について、抗議しました結果を報告します。

10日、お祝いムードで大繁盛のXX銀行XX支店に家族を含む複数人で出向き、営業課課長(本当は支店長に対応してもらいたかったが)に対応してもらい、契約を担当した営業マンを呼びつけた上で、3点セットの追及を行い、投資信託の全面解約(契約取り消し)・全額返金を強く要請しました。
投資信託の悪質勧誘にご注意!
060924.jpg

先日、実家に銀行の営業マンが投資信託の勧誘に来訪し、対応した母に、リスクなどの十分な説明をせず、本人がほとんど内容を理解していない状態で契約させる事案が発生しました。また、この時の契約状況を調べたところ、大きな問題点がさらに2点判明しました。

本ブログでは、この件について可能な範囲で公表いたします。皆様もこのような被害に遭わないよう十分にご注意ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。