日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ幕引きが許されない履修漏れ問題
061106.jpg

履修漏れ、別名必修逃れ問題。このブログで何度も取り上げてきたが、まだまだ書き足りないくらいなのである。

履修漏れの調査が一通り終わり、文科省が救済策をまとめたことで、この問題は幕引きとなりそうな雰囲気が漂っている。
学習指導要領のあるべき姿や大学受験の弊害など、中長期的な議論を要する課題がある。これは一朝一夕に片付く問題ではないとは思う。

しかし、その議論に進む前に、まず現状の、”ざる”同然の不十分な実態調査だけで決着して本当に良いのだろうか。補習時間上限70時間という救済策。確かに最大350時間丸々よりかは大いに助かるだろうが、とは言っても受験前の負担としては無視できないレベルであろう。できることならこれすらも免れたいのが本音だろう。それ故、目先の利益だけ考えた履修漏れ隠しが未だに横行してしまうのである。

それともう一つの問題は、これだけ重要な問題なのに、履修漏れか否かの判断基準が、県教委などによってバラバラだということである。よって、実態が同じでも、ある県の高校なら”アウト”、別の県の高校なら紙一重で”セーフ”という事態が起こってしまうのだ。そしてその判断如何で、補習70時間の有無も左右される。補習を受ける生徒にとっては不公平感極まりないのではないか。

こんな中途半端な状態では、幕引きは許されないと思う。
[まだ幕引きが許されない履修漏れ問題]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:必修科目履修漏れ - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。