日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
履修漏れ隠しがもたらす最悪シナリオ
061109.jpg

履修漏れ発覚は徐々に散発的になり、事態は一見鎮静化しているかに見える。履修漏れ隠しを今も続けている学校関係者の方々にとっては良い傾向だろう。(皮肉たっぷりです…)

http://www.asahi.com/life/update/1109/003.html
この記事にあるように、特に私立の場合、生徒や教員が履修漏れを認めているにもかかわらず、学校から「適切にやっている」と回答されれば、「言い分を信用するしかない」(都私学部)のが現状だ。
”公然”と行われている履修漏れ隠しに、何故こんなに手をこまねいているのだろうか、理解に苦しむ。

また、和歌山県内では8日、近大新宮高校の履修漏れが発覚した。智辯和歌山に続き県内5校目(うち私立4校)となる。ボロボロと発覚が続いているにもかかわらず、県は「回答を信じるしかない」とはこれ如何に。
[履修漏れ隠しがもたらす最悪シナリオ]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:必修科目履修漏れ - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。