日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
履修漏れへの2つの意見
061202_1.jpg

皆さんは履修漏れ問題に対する意見としてどちらが正しいと思いますか?

1.必修科目はきちんと履修すべきと思います。なぜなら、履修漏れの生徒達は、大学受験に必要な科目に時間を割いており、きちんと履修した生徒との間で明らかな不公平が生じるからです。
その意味で政府がまとめた救済策はいただけませんねぇ。履修漏れと言う間違ったことをしたわけだから、それを正すのが大人の役目でしょうが。350時間の不足があるのなら、350時間分きっちり耳を揃えて補習を受けさせて欲しいものです。
履修済みの生徒が損をする、つまり「正直者がバカを見る」ことだけは避けていただきたいものです。

2.履修漏れ高校に通う高3です。大学受験を目の前にしてこの問題が発覚し、精神的に混乱しています。
必修逃れになっていることもこの問題で大騒ぎになるまで一切知りませんでした。私たちは今まで怠けていたわけではありませんし、必修逃れをしてくれと学校に頼んだわけでもありません。学校の時間割どおり、真面目に授業を受けてきたのです。
なのに、なぜ今頃さらに補習で苦しまなければならないのですか。だいたいからして卒業生にはお咎めなしなのに、私たちにだけこのような罰則同然の補習なんて納得できません。
悪いのは校長や必修逃れを認めた大人であり、私たちには責任がないはずです。履修済みの生徒が不公平に感じるのは分かりますが、だからと言って補習はおかしいと思います。
[履修漏れへの2つの意見]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:必修科目履修漏れ - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。