日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去記事:塾講師の殺人事件、塾は悪かったのか?
061208_1.jpg

今回は、2005年12月13日~15日に他サイトに掲載しました内容を一部加筆修正して、再掲載いたします。

-------------------------------------------------------------
<1>バイトだから事件がおきたのか??
塾講師が生徒を殺害する。
子供が狙われる事件が多発する中で、また悲惨な出来事です。

私も8年前まで大学生のアルバイトで中学受験の塾講師をしていたことから、今回の事件には非常に関心があります。

事件の背景がいろいろ指摘されており、それを見逃した塾側の責任が厳しく問われているようですが、正直言ってそれは余りにも酷です。あえて落ち度があったと言えば、正社員の先生が出勤しない日があってその日に事件が起こったこと。これは危機管理面においては確かに問題です。

しかし、先生と特定の生徒との相性が悪いとか、先生の評判は二分されているとかは、どんなに素晴らしいと言われる先生であっても多かれ少なかれ抱える問題です。小学6年の女の子、思春期の難しい年頃です。一度関係がこじれたら修復は非常に難しいです。
事件前に国語の授業を受けなくなるなど、様々な”サイン”は確かに出ていました。でも、そこから殺人事件に発展することを予見しろと言うのは無茶な話。先生と生徒の関係の問題から直ちに殺人事件に結びつくにはあまりにも大きな乖離があります。

殺人事件に至った結果があるなら原因もあるのは当然ですが、慎重に究明していただきたいです。
「先生と塾生を2人きりにしなければ良い」「塾講師のアルバイトを減らして正社員にすべきだ」…これらは確かに事件の背景ではありますが、これさえ対策すれば万全と言うわけではないと認識しておかなければなりません。2人きりにしなくても、大勢の生徒の前でナイフを振り回す先生だっているかもしれないし、正社員の先生なら犯罪を起こさない根拠はどこにもありません。
不安を解消するためによりどころを求めたい気持ちは重々承知ですが、浅い議論で決め付けて短絡的に結論を出し、的外れなアクションにつながらないようにしたいものです。

[過去記事:塾講師の殺人事件、塾は悪かったのか?]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:塾講師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。