FC2ブログ
日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
過去記事:サッカーは反則も戦術のうち!?
060714.jpg

今回は、2006年7月に他サイトで公開した記事をこちらに移転して再掲載します。
--------------------------------------------------------

サッカーW杯が幕を閉じました。フランスのジダン選手の頭突き退場と言うやや後味の悪い結末となってしまいました。暴言を吐いたとされるマテラッツィ選手にも非はありますが、だからといって「暴力も仕方ない、やむを得ない、理解できる」という論調になるべきではないと思います。引退を控えた有名選手の暴挙だけに、よほどの理由があってのことと思いたい人も多いでしょうが、どんな理由であれどんなに偉大な選手であれ、暴力に訴えるのは幼稚で人間として愚かなことです。暴言があったとしても、その悔しさをプレーの中で晴らして欲しかったと思います。それでこそ一流選手であります。

W杯で見たいのは、選手として、チームとしての世界級の技であります。しかし、今大会は今まで以上にイエローカードや退場者が相次ぎました。サッカーでは相手選手とのボールの奪い合いで身体の接触が避けられず、反則ありきのスポーツになっています。いや、むしろ反則も戦術のうちなのかもしれません。

そのことで思い出すのが13年前のドーハの悲劇です。1993年に行われたW杯予選の最終戦、日本がイランに勝てば、日本は本選に出場できたはずでした。しかし、1点リードしていたのに最後の最後、ロスタイムに同点ゴールを決められ、痛恨のドローとなってしまったのです。
[過去記事:サッカーは反則も戦術のうち!?]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ