日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去記事:ブログでのトラブル
060902.jpg

今回は、2006年9月3日に他サイトで掲載しました記事をこちらに移転して再公開いたします。
---------------------------------------------
この2~3年の間にブログなどの新しい媒体が次々と普及し、双方向でのコミュニケーションが盛んになってきている。記事に訪問者がコメントを書き込める機能を有効に活用しながら情報交換し、笑顔のお付き合いができているなら良いのだが、一歩歯車が狂うと即刻トラブルの元になる危険がある。

私はデジタルカメラに興味があるので、いろんなサイトを見てまわっている。私のお気に入りの、ある人気サイトも近年ブログ化し、コメントを書き込めるようになった。しかしそこで最近トラブルが相次いだ。

一つは、デジタルカメラのニュースやレビュー記事を収集している、個人が運営する超人気サイト。ソニーのデジタル一眼レフ「α100」の発売間近の頃は、当然ながら「α100」に関する記事が多く、そのサイトで取り上げる頻度も高くなる。そこで、コメントに”記事の取り上げ方に偏りがあるのではないのか”との書き込みがあった。”発売時期だから仕方ないじゃないの”、”どの記事を取り上げるかは管理人の裁量、それが嫌なら来なけりゃいい”と反論を呼び込む形で一気に険悪なムードに。

もう一つ、ある写真家の方が個人で書かれているブログ。カメラに関する感想を遠慮なくズバッと述べているのが面白く、私も読ませていただいている。その文章の中に「(レンズ記載の焦点距離よりも)画角が”1.5倍大きい”デジタル一眼…」と書かれていた。例えばレンズの焦点距離70mmだとしてもデジタル一眼レフで使用すると105mmの画角になると言う。しかし、カメラに詳しい方はご存知と思いますが、デジタル一眼レフのAPS-Cでの画角が”大きい”は間違いで”狭い””小さい”の表現が正しいのである(たぶん数字に引っ張られて間違えたのだろう)。で、それを見つけた人が、”プロのカメラマンでもそんなこと分かってないのか””素直に訂正した方が良い”と書き込んだことに端を発し、”ご愛嬌ではないか”と言った意見も含めて賛否両論が激突。管理者本人が「間違っているな、と軽い気持ちで受け取って欲しい」とコメントすると、それを巡ってさらに賛否のコメントが入り乱れ、ついには閲覧者同士で喧嘩になってしまった。”炎上”に近い状態だ。そのブログはついに、管理者の判断でコメントを受け付けなくなった。

この2件のトラブルの原因は、ブログとして書いて良い内容や訂正の是非について、人によってルール認識の乖離があることだ。個人のサイト(ブログ含む)で書いてよい内容、掲示板やコメントで書いてよい内容は異なる(基本的には個人サイト>掲示板と思う)が、それがどこまでの範囲を指すかは共通認識として定まっていないのだろう。

私は、明らかに人に迷惑がかかったり、公序良俗に反することがないなら、管理者の考え方次第だと思う。有料だったりオフィシャルなサイトなら話は別かもしれないが、上記2件については個人が趣味でやっているサイトであるから管理者の裁量の範囲内だろう。どの記事を取り上げるかや、あの程度の凡ミスを訂正するか否かは管理者が決めることだろう。記事を訂正しないからと言ってブログの雰囲気を壊してまで追及する意味はないだろうに。

いくら自分がそのサイトを気に入っているからと言って、ブログにコメントが書き込めるのを良いことに、揉め事になってでも自分の思い通りに持っていかないと気がすまない、心の小さな人が多くいることの方が問題だ。あくまでも人様のサイトである、自分のサイトではない。コメントが書けるからといって、そこのところを勘違いしてはならない。また、ただ書いて書いて相手を説得しようとするのではなく、じっと我慢して様子を見ることも選択肢に入れたいものである。つまりはもう少し全体を考えて善悪を判断すべしと言うことだ。

双方向のこれほど便利な機能によってこのようなくだらないトラブルを引き起こすなら、今までの”一方通行”の方がよっぽどかマシである。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

過去記事:運動会を見直そう
060919.jpg

今回は2006年9月19日に他サイトで公開しました記事をこちらに移転して再掲いたします。
-----------------------------------------------------------

私の住む市立の小中学校では、今まさに運動会シーズンです(中学校が9月17日、小学校が9月23日又は24日)。毎年熱中症でバタバタ倒れるニュースを聞くたびに「なぜ暑さの残るこの時期にわざわざやるの?」と思うのですが、やはり性懲りもなく9月中旬から下旬での開催です。本番がこの時期ですから、練習期間が2週間と考えますと、炎天下のうちから練習開始したことになります。私の小中学校時代は、小学校のとき10月10日、中学校のとき9月最後の週末でした。当時と比べ、半月近くも前倒しされています。何の意味があってそうなったか分かりませんが。

数年前、母校の小学校の運動会プログラムを見て愕然としました。私の当時と比べてプログラム内容が大幅に削減されています。私の頃は、手旗を持って行進するプロムナードや、組体操、鼓笛隊など、ボリュームのある演技が目白押しでみっちりと夕方遅くまで日が暮れるまで練習したものです。その分、当日は観客の方(親が中心ですが)に満足してもらえたと思いますし、達成感がありました。今のプログラムでは、プロムナードはとっくの昔に廃止され、鼓笛と組体操と全校おどりをごっちゃにしたような「○○やっちょん」なるもの1つで終わらせています。それだけに、ああ、退化しちゃったなあという感は否めないのです。

さらに、学年別リレーも軒並み廃止し、高学年なのに”徒競走”とは情けない。リレーにすると遅い子がいじめられるからその配慮をしたのかもしれません。しかし運動会も教育の一環とするならば、競技を通して得るものがあるように、やり方を工夫して欲しいです。徒競走がその答えでは”教育の放棄”としか思えません。

もっと書きますと、これもいじめ対策なのか画一主義か分かりませんが、得点の入る種目が激減したことも気になりました。徒競走では点数のつけようがありませんから、学年種目の「竹取物語」「球入れ」など3種目に、選抜メンバーによるリレーなどを加えた計5種目程度しか得点が入りません。プログラムは減ったとは言え28番まであるのに、これでは貧相極まりないです。

5年前、母が、まだ歩けた父と一緒に運動会を久しぶりに観に行ったとき、「子供達も先生も”適当に、ええ加減に”しかやってなく、見ててしょうもなかった」と残念そうに帰って来ました。得点種目の激減も士気に影響したかもしれませんね。スポーツでも何でもそうだと思いますが、一生懸命の真剣勝負を見れば点差関係なく一番面白いに決まっているのです。あからさまに手を抜いたと分かるような演技を見せられるほど、見ててくだらないものはないと思います。このままでは、”運動会は時間の無駄”という評価をせざるを得ないでしょう。

私の当時のように夕方遅くまでやみくもに練習することが必ずしも良いとは思いませんが、やるならやるで練習・本番含めて一生懸命やってほしいものです。年に一度の運動会、単なる”形骸化”した恒例行事に留まるのではなく、運動会を通して子ども達が一回りも二周りも成長し、一体感を醸成することができるよう、今こそ運動会の意義を見直すべきではないでしょうか。
佐賀北がスタンドを審判を動かした!
070209.jpg

 佐賀北の帝京戦と、決勝の広陵戦はシビレました!
 リリーフの久保投手の好投、ナインの好守備が何度も光りましたね。そして副島の逆転満塁HRは圧巻でした。私が実況するとしたら、たぶんこんな感じ。「行ったーーーーー!!湧き上がるレフトスタンドに吸い込まれたーーーー!!副島の逆転満塁ホームラーーーン!!」
 佐賀北は他校より1~2試合多い7試合、しかも2度の延長戦もあって計73イニングも戦いました。昨年の早実も引き分け再試合があったので69イニングでしたが、その記録も塗り替えました。
 特待生とは無縁の、しかも勉強にも力を入れていて限られた練習時間の中で、ここまでの実力をつけてきたのは素晴らしいというほかありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。