日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイナスで統一する発想を捨てよう
080308.jpg

NHKの討論番組で、東京杉並区の和田中で行われている、成績上位者対象の補習「夜スペ」について議論されていた。賛成・反対が半々位。ただ、反対の理由を聞いて少々引っかかった。
「成績上位の人だけが得をするので反対。成績下位者がほったらかしになる。」と言う。

確かに、成績下位者のフォローが課題になることは間違いない。しかしそれが「夜スペ」を反対する理由とは全く別の話なのではないか。なんとなく、「特定の人にだけ利益があるだけなら、悪いほうに合わせた方がマシ」のような発想はないだろうか。
今の学校教育、特に公立中の教育には、成績上位者も下位者も満足していない。以前なら下位者の底上げ的な補習という考えが一般的だったが、それを中位者以上の引っ張り上げに焦点を移した取り組みを始めた、それだけなのである。今後、下位者に対しても、「夜スペ」に巻き込むような対応を考えるか、別途アプローチを考えるか、といった課題は残るが、教育の現状を改善するのにせっかくプラス方向に進んでいるものを否定する意味はあるまい。

もう一つ、昨今マスコミを賑わしている大阪府の橋下知事。朝礼を勤務時間前にしようとして反発を受け、女性職員と押し問答になる一幕も。つまり、サービス残業になるではないかとの異議が出たのである。
このとき、府民からの意見のメールでは、橋下知事を支持するものが多かったと言う。それは特に問題ではないが、その中に「サービス残業なんか、どこでもやってるではないか」というのがあったことは看過できない。

サービス残業に満足している人は会社の経営者くらいなもので、やってる人からすれば誰もが不満に思っているはずだ。なのに、民間なら当たり前なのだから公務員もやれ、という発想になって悪いほうに合わせようと言うのはいかがなものか。
私は公務員が民間に合わせるばかりではなく、むしろ公務員の待遇から率先して本来あるべき姿にするくらいのことがあっても良いと思う。

明るい未来を築くためには、過去の慣習や他所との比較にとらわれずに、本来なら何が正しいのかという目で現状を見据え、一つ一つ改善することが非常に重要である。こうしたマイナスで統一すると言う発想があっては、良くなるものも良くならない。
スポンサーサイト

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。