日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阿久根「竹原帝国」
091230.jpg
鹿児島県阿久根”市”、ではもはやない。「竹原帝国」とでも名前を変えてもらいたい。

なぜか。まずは首長が法律に従う必要がないと宣言し、司法に”挑戦”しているからだ。自分の信念を貫くためなら、裁判所の決定に従う必要もなく、そもそも市長と裁判所は対等なのだそうだ。マスコミ曰く持論、ってただの屁理屈だが、そんなに治外法権を認めてもらいたいなら、阿久根を日本から切り離し、国外での出来事としてやってもらいたい。

高度医療が障害者を生き残らせているとブログ「住民至上主義」に記述して問題となった。竹原氏の真意に理解を示す人もいるし、その是非を世に問うことはありえるかもしれない。が、一方で、行政を司る市長の発言として、その当事者は傷ついたことも事実。つまり配慮がなかったことについては、素直に謝罪すべきだった。「謝罪=自分の考えが全否定される」として謝罪を拒否したとは全肯定・全否定思考の最たるもので、言い換えれば、自分の信条のためなら傷つく人がいても構わない、傷つく方がおかしいと主張していると受け取られかねない、まったくありえない、非常識な対応なのである。記述内容よりもよっぽどかこちらの対応の方が問題である。
ブログの記述内容を仮に是としたとしても、「記述内容で傷ついた人がおられたのは不徳の致すところ。配慮が足りず誤解を招いた点はお詫びする。言いたかったことは○○であるが、これからは様々な立場の方に留意して書くようにする。」とおっしゃれば、こんな大騒ぎにはならなかった。

12月29日のブログでも致命的な考え違いをなさっている。
-------------------------------------------------------
一月一日の定期昇給を停止する。(ゼロパーセントの昇給を行う)
成果を出さなければ許されない環境に変える。
能力の低い人間についても処分を検討していく。
市民生活を守れないような市役所は要らない。
「成果を出せない役所を倒す。倒れたくなかったら頑張れ。」という状況を作ればみんな頑張りますよ。
-------------------------------------------------------
「こんなデフレの時代、まして市の財政事情を考えたら定期昇給を中止するのが当然」と考える人もいるが、これもゼロイチに凝り固まった単純思考である。定期昇給=賃上げ(ベースアップ)ではない。定期昇給は1年間の能力向上に見合った昇給を定期的に行うためのものである。ベースアップとは、定期昇給だけでは物価上昇分だけ事実上の賃下げになるのを防ぐために行われるものである。したがって定期昇給は能力に応じてきちんと行われるべきで、その上で必要ならばベースアップか賃金カットをすれば良い。
民間でもよほど業績が厳しいときには定期昇給が延期されることもあるが、賃金体系を壊してでも凍結せざるを得ないほどのやむを得ない事情がある場合に限られる措置であり、あるべき姿では全くない。
もし必要なら、市の財政事情と人件費を照らし合わせて、どうしても定期昇給凍結が必要であることを説明する責任がある。市長自身にも相応の痛みを伴うことも当然のこととなる。しかし、竹原氏は一度は昇給の決済をしながら何の説明も事前交渉もなく独断で停止したとなれば、これは巷で言われる「定期昇給の凍結」とは性格を異にし、ただの部下いじめ大作戦&自分の失態隠ぺい工作となる。

次に、2行目以降から読み取れることは何か。「成果を出さなければ許されない環境に変える」とは、言い換えれば成果を出しても「あ、そうですか」で終わるということ。「能力の低い人間についても処分を検討していく」とは、気に入らない人間はどんどん都合のよいように排除していくということ。なんとやりがいのない職場だこと…。
これは、「成果を出した職員には応分の昇給を与える。成果を出せない能力の低い職員は降格もありえる、メリハリのある賃金体系にする。目標を明確にし、頑張れば成果を出せるという風土に変えていく。」とでも書いておけば、同じような内容でも受け取られ方は全く違う。

「市役所は要らない」だの「役所を倒す」だの、こんな脅し文句を並べ立てて「みんな頑張りますよ」とは、いやはや市長も楽な商売。横暴な主君の眼の色を伺うことが頑張ることらしい。天をも恐れぬ所業にあきれ果てたわ。ブログの題名も「竹原至上主義」にしたらいかがか。

目指す方向性は合ってるかもしれないが、手段が根本的に間違っている。阿久根が日本であるならば「要らないのは竹原氏」とNOを突き付けねばなるまい。と同時に、こんな低レベルの暴走を許す法律体系や仕組みも改善検討が必要ではないのか。阿久根とは直接関係のない部外者であるが、こうした声を広げていきたい。もし竹原氏の治外法権施策がYESならば、それはそれで個人的には構わんが、その代わり日本から独立して外国のこととしてやっていただきたい。
スポンサーサイト

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。