日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット右翼・考(11)かくして竹原氏は擁護される
100731.jpg
罰則がないことをいいことに堂々と違法行為を続ける竹原氏。ネット右翼たちはどう見ているのか、どうも意見は分かれているようだ。今回は擁護派の意見を分析し、ネット右翼の心理に迫る。まず日記の前半を引用。

---------------------------------------------------
独裁者=悪・・・いわば、我が国における教育の成果だと言っても過言ではないと断言しよう。
民主主義は万能か?と、問われたときに、躊躇なくYesと答えるのは真性の馬鹿だ。相手にできん。
なぜか?その民主主義によって誕生した某政権を見れば明らかではないのか?
これを「衆愚政治」という。大衆の煽動によって誕生する、愚かな政治のことだ。
つまり、竹原市長はそれを恐れている、いや、拒絶しているという方が適切だろう。
自らの一言一句一挙一動まで監視され、気に入られなければ全国区で流された揚句に脅迫電話までかかってくる。
狂気と言わずしてどう表現すればいいのだろうか?
そんなことされるぐらいなら、独裁者と罵られてもできることをしっかりと着実に遂行する方がまだマシだ。
---------------------------------------------------

かくして間違った歴史は繰り返される、と言いたくもなる内容だ。
論旨を整理しよう。
1.民主主義は、民主党政権を見れば分かる通り万能とは言えない。
2.民主主義は、マスコミの偏向報道による(上記引用の前段で記載されている)大衆の扇動によって生まれる愚かな政治。
3.マスコミに嫌われたら、言動の一つ一つの揚げ足を撮られる。
4.どうせマスコミに嫌われるなら、独裁でも物事を前に進めたほうがマシ。

あえて4段階に分けたのは、理解しやすくするためでもあるが、筆者として全否定をしたくないからだ。
1.2.、もっと言えば3.までは確かにそう言える面もある。まあ、2.についてはだからこそ2005年の小泉政権の郵政民営化での選挙圧勝、昨年の民主党の政権交代、そして今回の民主の敗北があった。ネット右翼の場合、民主が勝てばマスコミ偏向報道による扇動と言い、民主が負ければ民意だと主張するからご都合主義なのであるが。

4.の結論は、能力のない者がすること。一番”道楽”な方法だからである。ではどのように考えたらよいのだろうか。

最も考えるべきは、対マスコミのあり方であろう。ではなぜマスコミは”偏向報道”とやらをするのだろうか。とは言っても今回の参院選を見て分かるように、マスコミは民主支援ではない。大衆の”受け”を狙っているのである。だから風が吹けば民主支援にも自民支援にも回る。政治を娯楽・ショー化して、混乱を楽しんでいるかのようにさえ見える。そうなる理由は、特に民放の場合、放送の受信が無料であり、視聴者に受け入れられることでスポンサー収入を得ると言う業界構造があるからである。解決するのはこの仕組みを変える必要があるが、現実的には難しい。
また、我々が生活する上での価値判断がマスコミ報道に依存している、いや依存せざるを得ないのも現実である。マスコミ批判する者はマスコミ報道なしで生活しているのか。そんなことはないはずだ。マスコミから逃げることは非現実的である。

となれば、現状のレベルの低いかもしれないマスコミと適度な距離を置きながら、自らの施策を誤解の余地がないように丁寧に説明していくべきなのである。マスコミがおかしいところはおかしいと言えばよい、逆にマスコミに指摘されて襟を正すべきは正す。こうしたギブアンドテイクの関係を通して、マスコミのあり方も徐々に変えていくべきであり、そうできる人が有能な人間である。民主主義が愚かな政治なら、あるべき民主主義を定義し、賢い政治にそれこそ改革してみせるのが有能な人間である。

当然ながら、竹原氏の違法行為が、マスコミ報道と”愚か”な民主主義の責任にすり替えられて正当化されることがあってはならない。筆者が最も恐れるのは、竹原氏の違法行為が常態化し、”慣れ”が生じることである。

次に、後半を引用する。
---------------------------------------------
それにあの市長は改革者を自負している。情報の提供は欠かしていない。
唯一、情報の提示を拒んでいるのはマスコミだけなのだ。市民に対しては公聴会も主催している。
その内容は我々が知ることができないのはやや残念かもしれないが、色眼鏡を掛けされられるぐらいなら知らない方がマシだ。
ここまででハッキリしただろう。彼は何も、独裁をしたいわけではない。
独裁をしたいだけならば公聴会も開かない、ブログも書かない、都合のいいことだけを広報に書く。
あるいは、橋下方式で自分の支持者だけを優遇するといった方策に出るだろう。
それを行わず、議会も置いてあるということは、つまり、市民に方向が向いているということだ。
---------------------------------------------

もしマスコミに情報を開示しないことで我々が内容を知らないことが事実であれば、なぜここで「市民に方向が向いている」などという判断が下せるのか。

3月に行われた公聴会は”信者”など自分の都合のよい人だけを集め、公務員を吊るし上げの刑にするところだった。ブログには自分の都合の悪いことはスルーし、裁判官の給与が高いだのと、無関係な批判を持ち出して相手を貶め判決無視を正当化している。「都合のいいことだけを広報に書く」とはそのままであり、違法性の強い専決処分をひたすら正当化している。議会も置いてあるとはいえ、開会を請求されても招集しないのに何の意味があるのか。つまり、”殻”だけ残して中身はメチャクチャか空っぽ。

市長支持ありきでものを考える”色眼鏡”という言葉を、そっくりそのまま彼にお返しする。もう少し最新の事実関係を勉強し、あるべき姿を考えてから論じるべきである。
スポンサーサイト

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

阿久根「竹原帝国」7
100627.jpg
今回はQ&A方式で、竹原氏の言動の何がおかしいのか、どうあるべきかを考察します。

Q1.竹原氏がここまで強権的な手法を使うのは、市役所や議会が腐っているからではないですか。
A.
確かにそうした面があったかもしれません。しかし、だからと言って自らが違法行為を繰り返して良いことの理由にはなりえません。腐った市役所と犯罪者とでは、犯罪者の方がより一層悪いに決まっています。
相手の悪さを指摘して「だから自分も悪いことして良い」というレベルの低い人は竹原氏に限らず最近目立ちますが、これでは何ら説得力がありません。

Q2.竹原氏を支持する住民は多いのですか。
A.
地方の特性などから、所謂お年寄りを中心とした”信者”が少なからず存在します。それに若者を中心に、「抵抗勢力に孤軍奮闘する」というだけで中身をよく考えず応援する人もいるかもしれません。
が、それが多数派を占めるとはとても思えません。1年前の再選挙でも数100票差しかなく、それ以降のエスカレートする言動により、竹原氏に投票した人の多くが「そんなはずではなかった」と思っていることも事実でしょう。改革に期待はしても、何も法律違反しろとまでは大半の人は思っていないでしょう。

Q3.住民はリコールしないのですか。
A.
リコール準備委員会が立ちあげられ、署名集めの受任者の選定が進められています。が、リコールとなれば手続きの煩雑さが半端ではなく、署名集めも早くて8月、その後署名の資格審査が選管により進められ、住民投票で過半数の不信任があれば失職となります。そこまで進むのに早くても年内いっぱいはかかると思われます。

Q4.そもそも公務員の給与が高いという竹原氏の主張は正しいのではないですか。
A.
高いのは事実かもしれません。だからと言って勝手に専決処分でボーナスカットして良いことにはなりません。職員としてあるべき給与水準、賃金体系についてきちんとした議論が行われ、納得が得られた上で進めるべきです。また、高いからすぐに下げるのではなく、給与が高い分、付加価値の高い仕事・サービスをしてもらうように職員の能力を高めていく、動機づけをしていくことこそが、市長の仕事です。

Q5.張り紙をはがした職員はクビになって当然ではないですか。
A.
確かに中小企業を中心に、上長に逆らえば即刻解雇する会社もあるかもしれません。しかしそれに合わせることがあるべき姿ではないはずです。日本中がブラック企業だらけになってしまいます。
裁判では、「何らかの処分対象にはなりえるが、懲戒免職は裁量を逸脱して違法」との判決が出ています。しかし竹原氏はこれを無視し、控訴しています。

Q6.阿久根市の税収20億円の86%にあたる17億3000万円が人件費なのはおかしいから改革しようとしているのでは?
A.
税収の大半が人件費に回る構造について疑問を投げかけること自体は問題ありません。が、だから給与を減らすと言うのは答えになってません。そもそもそんな状況になっているのは、市の産業が停滞しているからに他なりません。市内の産業が活性化しない限り、人件費をいくら下げても税収は減る一方で全く追いつかないことを認識すべきです。

Q7.マスコミが悪意を持った報道をしてるだけで、本当は竹原氏は良いことをしているのでは?
A.
まず、故意に法律違反している犯罪者をいかなる解釈をもってしても良いように報道するわけがありません。また、マスコミが仮に嘘をついたとしても、本人のブログが資質のなさを最も物語っており、こちらはごまかしようがありません。竹原氏のものの見方は、マスコミの偏向報道をはるかにしのぐ自分本位の我がままなことを記述しています。
そして、当然本人も違法行為を認識し、市長派議員のブログでも「たとえ投獄されようと、一歩も引かない考えと精神力」と法律への挑戦を応援している始末です。

Q8.叩かれている竹原氏にも改革の成果はあるのでは?
A.
ゴミ袋の値下げと市役所のサービスが良くなったこと、逆に言えばそれだけです。ただ、サービスが良くなったとはいえ、ミスしたら処分されることを恐れて職員の態度がギクシャクしていると感じる住民もいるようです。

Q9.議会の存在は無意味であり、竹原氏くらいの勢いでやらないと、改革なんて進まないのではないですか。
A.
これはとんでもない考え違いです、直ちに改めてください。日本は議会制民主主義をとっています。これは、古くは欧州での専制君主制の失敗を経て、首長と議会の両輪と言う解を見出した歴史的背景があります。相互にチェックする機能があるからこそ、一方的判断による暴走を食い止めることができるのです。少々手間がかかっても独裁による暴走よりかはマシなのです。
そうした仕組みに不満があるのであれば、法律や憲法を改正する動きをかけるべきですし、それも嫌なら日本から独立すべきなのです。それを怠ると言うことは竹原氏が政治家として無能なだけです。

Q10.竹原氏の手段は間違っているかもしれませんが、やろうとしていることは正しいのでは?
A.
公務員の給与を下げ、議会を事実上なき者にして、市民にとって何のメリットがありましょうや。公務員と議会潰しを仮に達成できたとして、それによって何がしたいのか見えてこないことが致命的欠陥です。もし公務員の給与をタダにして、全額市民にばらまいたとしても、市民の生活は微々たる程度しか改善しません。シャッター街に象徴される地方の疲弊による閉塞感が背景にあるとはいえ、公務員や議員を叩いただけでは何の解決にもなっていないことを認識すべきです。

Q11.こんな劇薬を使わないと、第二の夕張になると思いますが…?
A.
阿久根氏は前市長時代から黒字経営です。議員日当制と同じくして固定資産税の税率を下げる専決処分を下して1億円以上の減収としていますが、財政が困窮しているならこんなことしている余裕はありません。黒字になるのは投資を抑制して地方交付税交付金があるからでしょうが、それならなおさら法律を守ってもらわないと、交付金支給停止になって、それこそ破たんします。むしろ、いかにして産業を活性化して市民生活を豊かにするかを考えるべきですが、竹原氏はそこが抜け落ちています。

Q12.竹原氏の言動の中で共感できる点を見出すとしたら、何がありますか。
A.
筆者は半年以上ウォッチしてきましたが、虫唾が走りそうな言動ばかりです。ただ、評価できる点は2点だけあり、し尿処理業者を新たに参入させた(裁判で係争中ですが一審は勝訴)ことと、固定資産税の減税は交付金や起債を減らされると言う理屈に異議を唱えている点です。いずれも従来の殻にとらわれない発想と言う点では良いと思います。また、し尿処理業者の件については考え方はいろいろあるでしょうが、竹原氏の処置は合法の範囲内、市長裁量の範囲内と考えています。

Q13.もし住民の多くが竹原氏を支持しているとしたら、法律違反も正しいことになるのでは?
A.
これもとんでもない思い違いです。民意が法律を変えていく(改正する動きをかける)ことはあり得ます。が、民意が法律違反を許すことがあってはなりません。「赤信号みんなで渡れば怖くない」が許されますか。もし竹原氏の違法行為を奨励する人がいるとしても、だから正しいのではなく、その犯罪者応援集団全員が間違っているのです。

Q14.竹原氏は具体的に何の法律に違反したのですか。
・公職選挙法違反…選挙期間中に相手を攻撃する内容をブログに掲載した。
・地方自治法違反…1.議会招集請求に期限内に応じなかった。 2.降格・懲戒免職した職員について公平委員会から無効と判断されたのを無視(1年以下の懲役)。 3.議長から文書で要請されても議会への出席を拒否した。 4.専決処分の権利悪用(緊急時にのみ許される行為、議会の事後承認が必要)
・労働基準法違反…張り紙をはがした職員を懲戒免職したのは無効とする判決が出て給与支払い義務が発生しているのに無視。賃金未払い状態になり、市の口座を差し押さえられる。

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。