日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相次ぐいじめ問題、問われる教職員の意識
061019.jpg

いじめによる自殺者が後を絶たない。しかもその背景に、教師の規範意識や教委の事なかれ主義まで明らかになり、残念でならない。

北海道滝川市の小学校で小6女児が首をつり、その後死亡した。女児は遺書を多数したためながらも、市教委はいじめが原因となかなか認めず、最近まで遺書の存在さえ否定した。文部科学省の一喝によりようやく認めると言う無様な対応だった。

一方、福岡県筑前町では中2男子生徒が自殺した。教師がいじめを助長する発言をしたと言う。「からかいやすかった」と言う弁明。教師がいじめを解決するどころか、原因を作ってしまうとはもってのほかである。
滝川市教委の問題は、「いじめは受け手が決める」という大原則を無視した認識レベルの低さである。「キモイ」と言っても「受け取り方は様々」とは何たる発言だろうか。
もちろん一人前の大人にもなれば「キモイという輩は放っておこう」と割り切ることもできるだろうし、それをいろんな人に相談すると言う選択肢も自分で見つけられる。しかし、小学生であれば、閉ざされた社会の中で解を見つけることは容易ではない。そのまま悶え苦しむのである。だからこそ、子供の信号を敏感に察知するのが大人の責務である。その意識があからさまに抜けていたのではなかろうか。

筑前町の教師の問題も、結構ありがちなことと思う。人間は、自分より誰か弱いものに目をつけていじめることで安心できると言う弱点がある。また、必ずしも弱いものとは限らない。とにかく、誰かを目の敵として扱うことで自分のステータスを確保するのである。
私が塾講師をしていた頃、ベテランで優秀と言われていた先生がいた。確かに、説明にも迫力があるし厳しさや時にはユーモアもある。一見、非の打ち所がないと思われたが、一つだけ気になることがあった。そのクラスで一番成績の芳しくない生徒の名前を連呼し、槍玉に挙げていたことだ。もちろん、授業への集中を促す狙いもあるだろうが、傍目にはそれを楽しんでいるかのようにも見えた。たぶん本人にそんな自覚はないだろう。それが最も恐ろしいことなのだ。

いじめを許さない土壌を作るためにも、教師が、そして教委が、自らの規範意識を謙虚に見つめなおし、正面から生徒に向き合う。それが全ての原点だろう。

テーマ:いじめ - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。