日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの手があるじゃないか(注:フィクション)
100821.jpg
「いくら余裕かましてても、リコールされそうでヤバイでっせ、旦那。」
「大丈夫大丈夫。あの手があるじゃないか。」
「…とおっしゃいますと?」
「さて、来月は職員の給与を1割カットしようかのう。」
「お、それはようござんすね。でも一度に3割カットしてもよいのでは?」
「こういうのはな、一度に全部やると次のネタがなくなる。小出しにニチャニチャとやるのがコツじゃ。」
「もちろん専なんとかを使うんですよね。」
「当たり前よ、普通に議会してたら逆に俺の値打ちが下がらあ。」
「でも後で議会で事後にかければ否認されますぞ。」
「そこがミソじゃないか。議員の連中どもが反対する姿を見せれば見せるほど、俺の人気はウナギ上り。普通に議会にかけて万に一つも承認されたらオモロないわ。」
「なるほど、それは妙案だ。なかなか手が込んでますな。」
「危なくなったら給与カット、これで3カ月は持ちこたえられる。これほど愉快な仕事はない。だから辞められんわ。」
「旦那もなかなかやりますなあ。それもこれもおバカな庶民のおかげ。この程度で騙されよって苦労せんわ。」
「そうそう。お主にも感謝せねば。あんな法の解釈があったとはな。」
「あんなもん、どうにでも解釈できるわい。言ったもん勝ちじゃ。ワッハッハッハ。」
「そうだ、会見で使った地酒があっただろ。今日は飲め飲め、祝杯じゃ。ところで、例のマスコミの件はどうなった?」
「首尾よく、風向きが変わっているようでござんす。」
「1か月足らずでこんなに変わるものかと驚いたわ。ヤフーニュースのコメント欄も様変わりしとるな。」
「メディアってこんなもんよ。どっちが正しいとか関係ないんじゃ。どっちが庶民に受けるかで決まるんじゃ。」
「とにかく、お主のおかげじゃのう。」
「いやいや、この分だと、3か月とは言わず、3年、いや30年は楽しめますぞ。ハッハッハ。」
「まああれだな、露骨に私利私欲に走ればさっさと問題になるが、奴らをいじめている限りは当分続けられる。議長の怒り心頭な顔、シュレッダーをかけるときに泣いていた総務課の連中の顔、わしにはたまらん快楽じゃ。」
「旦那も悪よのう。でも、庶民には善(?)よのう。それはそれとして、旦那の真の狙いは?」
「まず、議会への報復じゃ。議員時代、街を良くしようとたくさん提案したのに全部否決されよった。その時の悔しさ、辛さ、それを奴らに思い知らしめるんじゃ。それともう一つ、ここだけの話だが、この街にはもう未来はない。国策によって見放された街じゃ、もうどうにもならん。それなのに、職員と議員の連中が甘い汁を吸い良い暮らしをするのは我慢ならん。この街がなくなるときには全員そろって不幸になり心中したい、それだけのことじゃ。血と涙を想像しただけで興奮するぞ。」
「あっしも何も望むものがない身。旦那に徹底的にお付き合いさせてもらいまっせ。」

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。