日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阿久根”市民”を選びますか、”犯罪者集団”になりますか?
101121.jpg
阿久根の問題について、当ブログではこれまで10回以上にわたり様々な観点で取り上げてきた。筆者がなぜここまで阿久根の問題にこだわるのかを鑑みると、やはりコンプライアンスを避けて語ることができない。

民間企業にとって何よりも重要なのは社会的信用であり、それは魅力のある製品やサービスを良い品質で提供することであり、経営基盤を強化し利益を創出して投資家の信頼を得ることでもあり、法令を順守し企業が継続的に発展することで社会に貢献することでもある
その中で法令順守は約10年前から重視されるようになった。前回まででも述べたように雪印による食中毒事故とその対応を巡って世間から痛烈な批判を浴び、それまで優良な業績を残していた会社の存続さえ脅かす状態となった。マスコミの批判報道で企業イメージが地に堕ち、一度の不祥事が何十年と培ってきた会社の信用をいとも簡単に失墜してしまうことを目の当たりにすることになった。他の会社の経営陣にとっても決して対岸の火事とは言えず、むしろ他山の石にしなければならないと肝に銘じることとなり、コンプライアンスという言葉が登場するに至った。

以降、法令順守は最低限の責務と社会で認識されるようになり、違法行為は社会やマスコミから厳しく批判されることとなった。また、違法行為とは言えなくても法の抜け穴を利用するような脱法行為やモラルに反するような行為も結局は長続きすることなく、カリスマ経営者たちが次々に表舞台から消えていった。
また、コンプライアンスは法令順守はもとより、万が一違反してしまった場合の対応についても定義されている。事実の把握が遅れ1日でも対応が遅れただけで、世間の批判は嵐となって襲いかかってくる。逆に経営陣がリーダーシップを発揮して、違法行為を是正し再発防止の仕組みを整備するのに動けば、不祥事のはずが信用をかえって増すことにもつながりうる。
民間企業が他の企業と取引をする際にも、こうしたコンプライアンス体制やCSR(企業の社会的責任)体制が確立されているかどうかが一つの大きな基準となる。違法行為の恐れのある会社と取引することは後に不良債権を抱えるリスクにもなり、また自社に落ち度がなくても怪しい会社と取引しただけで非を問われる懸念も生じるためである。以上は常識のある普通の企業が、当たり前の感覚として持っていることであり、逆にコンプライアンスができていない会社は、いかに良い商品・サービスを提供していようと、ビジネスの土俵から遅かれ早かれはじき出されるのである。

長々と前置きをしたが、なぜここまで説明したかと言うと、法令順守というのは民間企業においては必須事項であり、自分の好き嫌いや感情に任せて、都合の良いときだけ適用の是非を選択してよいものでは決してないことを読者のみなさん、特に学生の方や主婦層・高齢者の方に認識いただくためであった。

それを念頭に置いたときに、阿久根の現状は仮に市民の利益のためであっても、過去にそうしたくもなる背景があったとしても、到底許されることではないばかりか突出して悪質である。
第一に、コンプライアンス違反を故意に行っていること。違法という自覚がない状態でなされたうっかりミスであっても社会からは指弾され潰れていく会社が多い中で、阿久根の法令違反は故意に行われている点で既に特筆すべき状態にある。米国特許は侵害すると多額の賠償額になることで知られるが、故意侵害だと賠償額が3倍になる。人を死に至らしめた場合、うっかりなら過失致死、故意なら殺人になることからも、故意の悪質性が問われる。
第二に、コンプライアンス違反が継続的に行われていること。何らかの不祥事を起こした人は、通常はその1回限りであとはおとなしくしているケースがほとんど。そのたった1回の違反でも取り返しのつかない状態に陥る企業が多い中で、阿久根の場合は違法行為や脱法行為が繰り返し行われ、防災無線で演説するなどモラルに反する行為が日常茶飯事になっている。感覚がマヒし、悪いことを悪いと思わなくなっている。
第三に、コンプライアンス違反が是認・賞賛される風土があること。法律違反が指摘されれば直ちに是正に動くべきところ、「法律が悪い」「知事と戦うとは大したもの」と賞賛する住民さえいる。言わば、住民挙げての社会の法秩序に対する挑戦である。だから筆者は犯罪者応援集団と言い表しているのである。もし竹原氏が再々選されるようなことがあれば違法行為を是認する勢力が過半数となるので、犯罪者集団に格上げとなる。

阿久根では2011年1月16日に出直し市長選が実施されることになっているが、住民の皆さんには上記のことを自覚したうえで投票していただきたい。先日の住民投票ではその点、認識の甘さがかなり感じられた。リコールに賛成した人でも「専決処分は自分の好みではないので…」程度の認識しか持っていない人が多く、危機感が薄かった。
そんな軽い選択ではない。つまり、「社会で生きていくのに最低限の法令を順守した”市民”になる、というか市民に戻りますか」、それとも「社会全体や法秩序を敵視し、戦いに要するであろう無駄なエネルギーやお金を費やしてでも竹原氏を支援する覚悟はありますか」ということである。竹原氏は公務員や議会、自治労と戦うことにすり替えているが、そんな狭い話ではない。法秩序に挑み社会全体を相手に戦う以上、”犯罪者集団”として世間からはじき飛ばされる覚悟を持っていただかねばなるまい。

現在の阿久根はコンプライアンス違反によるイメージ低下と連日の報道で、血がダラダラ流れている状態である。そして竹原氏が市民に対して「社会全体のために犠牲を引き受ける覚悟」を求めている(ブログ記載)。文言はかっこよいかもしれないが、自分の考えを実現するために社会全体を敵に回し戦う覚悟のことである。昨年5月の選挙で当選した際の「選んだ皆さんに責任を取ってもらう」とはこのことである。
竹原氏の支持者住民がどこまでこのような反社会的な考え方をも理解しているかは非常に疑問であるが、察するに失うものが何もない(得たいとも思わない)、次の世代に残すものが何もない、でも社会に対する不満の鬱憤晴らしはしたいという発想が根底にあるかもしれない。中身があれば違法だろうがなんだろうが構わないという理屈は、まさに反社会的集団やテロリストと同じである。
ここで社会の一員(市民)として止血をして地に足をつけて歩きだそうとするのか、それともイメージ悪化をもマスコミのせいにし、反社会的集団として血がダラダラ状態から血しぶきが上がり再起不能になる可能性をあえて選択するのか、住民のより広い視野での良識が試される。

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。