日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
履修漏れ隠しがもたらす最悪シナリオ
061109.jpg

履修漏れ発覚は徐々に散発的になり、事態は一見鎮静化しているかに見える。履修漏れ隠しを今も続けている学校関係者の方々にとっては良い傾向だろう。(皮肉たっぷりです…)

http://www.asahi.com/life/update/1109/003.html
この記事にあるように、特に私立の場合、生徒や教員が履修漏れを認めているにもかかわらず、学校から「適切にやっている」と回答されれば、「言い分を信用するしかない」(都私学部)のが現状だ。
”公然”と行われている履修漏れ隠しに、何故こんなに手をこまねいているのだろうか、理解に苦しむ。

また、和歌山県内では8日、近大新宮高校の履修漏れが発覚した。智辯和歌山に続き県内5校目(うち私立4校)となる。ボロボロと発覚が続いているにもかかわらず、県は「回答を信じるしかない」とはこれ如何に。
辛辣な言い方になるが、シラを切り続ける学校には最悪ストーリーを用意するしかあるまい。以下の「想像」が近い将来、現実になるかもしれない。
鼻から牛乳の替え歌(にはなってませんが)でどうぞ。
----------------------------------------------------
名門進学校の悲劇でーすーー。

3月28日、○○高校の卒業生20人が文科省に”直訴”。各マスコミや週刊誌にも連名で履修漏れを告発した。
今までも一人一人がバラバラに告発してきたが、学校側の徹底したごまかしにより”なしのつぶて”だったため、集団抗議することとした。この20人は今春大学受験に失敗した卒業生だった。
彼らは「学習指導要領に従った授業を受ける権利を奪った」「先生に訴えたが、大丈夫だと言われ続けた。でも全国の皆が補習まで受けているのに納得できない。」「県教委に訴えたが私立なので無視された」と訴えている。
さすがに集団の”反乱”となれば、マスコミも大きく取り上げた。急速に世論が動く。

翌日、朝から電話が鳴りっぱなし。抗議や問い合わせの電話やFAX、メールが殺到した。この20人は、インターネットでも学校の連絡先を示して抗議活動を訴えたため、2チャンネルなどでも話題になったのだ。

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

その場は何とかごまかして、在校生と教師に口封じ。
とにかく隠ぺい工作は万全なので、そう簡単にバレることはあるまい。
しかし、翌日、県が立ち入り調査に訪れ、時間割などの資料を集めていった。

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

その場は何とかごまかして、ほっとヤレヤレ一安心。11月上旬に時間割表をこっそり差し替えたから、その後は一応授業したことになってるしー。

ところが、立ち入り調査はことのほか深入りした。生徒や教職員にまで聞き取り調査を開始したのだ。そして1年生の真面目な生徒がついに打ち明けてしまった。「校長先生が一切口外するなとおっしゃったんです。」

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

時間割の差し替えもバレてしもた。文科相も実態把握のために学校を訪れた。

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

困った。「じゃ履修漏れを認めます。認めますから許してーー。」

しかし、もう遅かった。さらに翌日の30日、ついに警察が動き出し、内申書を偽造した虚偽公文書作成容疑で学校を家宅捜索。県警は「あれだけ全国的に問題になったのに隠し続けたのは悪質」と立件に踏み切る方針だと言う。

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

マスコミが騒ぐ。「○○高校履修漏れ隠し 校長が生徒と教師に口封じ 時間割差し替え隠ぺい工作も続々」と新聞一面と社会面に見出しが躍る。

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

「文科省様ー、何とかお助けを…」と泣きつく。
文科省幹部「では70時間補習をやったら認めましょう」
よかった。しかし、もはや3月30日。3月末まで2日しかないではないか。絶対に間に合わない。

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

文科省さん、許してーー。「10月末にさっさと履修漏れを認めていたら避けられたはず。同情の余地はないね」と呆れ顔で取り合ってくれない。と言うことは、まさかまさか、全員3月末で卒業不可能!!

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

ということは…、
文科省幹部「卒業資格がないんだから当然、大学入学は全員取り消しです」

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

マスコミから連日叩かれ、卒業生は卒業取り消しで大騒ぎ。PTAが損害賠償請求の訴訟を起こすらしい。いったい何億請求されるのだろうか。保護者向け説明会は5時間に及び、厳しい批判や怒号が飛ぶ。

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

そして大混乱の渦中、校長が公文書偽造容疑でついに逮捕。

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

学校の名前は地に堕ちた。もう取り返しがつかない。なんと言っても今年の合格実績ゼロなんだから。もうおしまいだーーー。

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

文科省では、高等学校の資格剥奪も検討していると言う。

ちゃらりー、鼻から牛乳ーーー。

11月、履修漏れがバレたら学校の名が汚れると思って良かれと思って隠したのに、それが裏目に出て、悲惨なことになってしまった。1回の判断ミスで、間違いが新たな間違いを呼び、取り返しのつかないことになってしまった。
こんなことなら、さっさと履修漏れを認めて、補習70時間やっておけばよかったなあーーー。

鼻から牛乳、鼻から牛乳、鼻から牛乳ーーー、てけてん。(泣)

----------------------------------------------------
以上はあくまで”想像上”の最悪シナリオです(現時点では現実ではありませんのでお間違いなきよう)。でも、このまま隠蔽を続けると、本当にこうなる可能性があることを覚悟した方が良いだろう。

P.S.語呂をうまいこと合わせて替え歌にしてくださる方いませんか?

テーマ:必修科目履修漏れ - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。