日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「和歌山の常識は全国の非常識」
061118.jpg

「和歌山の常識は全国の非常識」。

この言葉は、2003年4月、拘置所から和歌山市議選挙に出馬すると言う、それだけでも前代未聞な”獄中出馬”で注目を集めた旅田前和歌山市長が、定員42人中で事もあろうにトップ当選してしまった時に、県民から思わず飛び出した嘆きの声である。

和歌山と言っても、和歌山市から海岸沿いに有田、田辺、白浜、串本、新宮と、特急で3時間近くもかかるだけ広いし、紀ノ川筋でも岩出、紀の川、橋本と約50kmに渡って広がる。
しかし、和歌山は近畿のオマケ扱いで、これだけ広いにもかかわらず、ともすれば和歌山全体を一くくりに見られることもなきにしもあらず。私が働いている大阪の職場では、和歌山県内に住んでいるというだけで、和歌山県内のことなら端から端まで道路でも観光地でも私なら何でも答えられるのではないかと思われたりして、時々ムッとすることがある。

それだけに、15日に木村良樹知事が談合容疑で逮捕されるなど、「和歌山」が一連の問題で世間を騒がしていることは残念でならない。それだけで和歌山全体のイメージダウンに直結しそうな気がするからである。

もう、こうなったら同じ和歌山絡みでイメージダウンついでにもう一つ…。
例の銀行殿の問題
全額返金されたお金は当該銀行に一応残しつつ、様子を見ている段階であるが、当該銀行に関して出てくるニュースは甚だ芳しいものではない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061111-00000006-agara-l30
合併で名前が消えた方の銀行殿が、3万件余りの大量の顧客情報を紛失していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061117-00000003-agara-l30
行員2人が顧客の預金計8800万円を着服していたと言う。
(いずれもYahooより紀伊民報の記事へリンク)

あまり多くは語りたくないが、顧客を軽視する姿勢が少しでもあるから、このような杜撰な管理や横取りと言う形で、”隙”が次々と生まれるのではなかろうか。
これでは、地方銀行として特に和歌山に根ざし、この銀行が目標として掲げる”お客様から選ばれ続ける銀行”となる姿とは程遠い。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。