日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去記事:塾講師の殺人事件、塾は悪かったのか?
061208_1.jpg

今回は、2005年12月13日~15日に他サイトに掲載しました内容を一部加筆修正して、再掲載いたします。

-------------------------------------------------------------
<1>バイトだから事件がおきたのか??
塾講師が生徒を殺害する。
子供が狙われる事件が多発する中で、また悲惨な出来事です。

私も8年前まで大学生のアルバイトで中学受験の塾講師をしていたことから、今回の事件には非常に関心があります。

事件の背景がいろいろ指摘されており、それを見逃した塾側の責任が厳しく問われているようですが、正直言ってそれは余りにも酷です。あえて落ち度があったと言えば、正社員の先生が出勤しない日があってその日に事件が起こったこと。これは危機管理面においては確かに問題です。

しかし、先生と特定の生徒との相性が悪いとか、先生の評判は二分されているとかは、どんなに素晴らしいと言われる先生であっても多かれ少なかれ抱える問題です。小学6年の女の子、思春期の難しい年頃です。一度関係がこじれたら修復は非常に難しいです。
事件前に国語の授業を受けなくなるなど、様々な”サイン”は確かに出ていました。でも、そこから殺人事件に発展することを予見しろと言うのは無茶な話。先生と生徒の関係の問題から直ちに殺人事件に結びつくにはあまりにも大きな乖離があります。

殺人事件に至った結果があるなら原因もあるのは当然ですが、慎重に究明していただきたいです。
「先生と塾生を2人きりにしなければ良い」「塾講師のアルバイトを減らして正社員にすべきだ」…これらは確かに事件の背景ではありますが、これさえ対策すれば万全と言うわけではないと認識しておかなければなりません。2人きりにしなくても、大勢の生徒の前でナイフを振り回す先生だっているかもしれないし、正社員の先生なら犯罪を起こさない根拠はどこにもありません。
不安を解消するためによりどころを求めたい気持ちは重々承知ですが、浅い議論で決め付けて短絡的に結論を出し、的外れなアクションにつながらないようにしたいものです。

-------------------------------------------------------------
<2>「京進」も事件の被害者
従業員が何かしらの犯罪行為や不正行為を行った場合、その責任は雇用者も負わなければなりません。だから今回の事件も、「停学処分中なのに雇った」とか「塾生とトラブルがあったのに十分な対策がなされなかった」などと進学塾「京進」には批判の嵐であります。

しかし、私は言いたい。「京進」も事件の”被害者”であると。

つまり、塾側の管理努力を超えた事件であり、まして塾の経営方針や対応が殺人の背景にあるわけではないのです。殺人事件の責任は加害者本人の問題という要素が大きいと言うことです。それを、「それ見たか」と言わんばかりに、まるで鬼の首を取ったかのように塾を痛烈に批判するマスコミの論調には疑問があります。しかも、正解のない問題提起だけして煽るだけ煽っておいて、ほとぼりが冷めたら知らん顔。一部報道とは言え、マスコミの仕事はそんな低いレベルなのでしょうか。

「京進」が致命的な打撃を受けて仮に倒産したとして、他塾が儲かったからといって何ら問題は解決できません。塾の先生が生徒を殺したという衝撃的な事実のみに引っ張られ、付け焼刃的な対策でそれでよしではただの気休めです。なぜ、殺人に至ったのか、もし憎悪の念を持ったとしてもそれを抑える理性がなぜ働かなかったのか、その本質に迫るべきです。

全ての塾で「問題のある先生を排除する」システム作りに躍起になっているようですが、それはそうした努力姿勢を見せないと世間様が納得しないからであり、殺人事件の防止には何ら意味を成さないと考えます。

------------------------------------------------------------
<3>生徒と一緒に成長する心構え
051212.jpg

上は私が能開センターで塾講師をしていた当時の貴重な写真。
「塾講師は時給がいい」とか言われています。能開センターは非常勤講師で時給2200円以上もありますが、2200円以上がもらえるのは授業時間だけで、実際には、授業の予習や教材作成、生徒を玄関で送迎するフロント業務、欠席した生徒や気になる生徒に励ましの電話を入れるなど、時給には表れない雑務がたくさん(授業時間の3倍くらいかかる)あります。ボランティアで他の先生の授業見学もしました。
「お金を稼ぎたい」が最大の動機では絶対に続けられない仕事です。そこから自分も学ぶんだ、生徒と一緒に成長するんだと言う気持ちが必要ですね。また、能開センターはそういう場を提供してくださったと感謝しています。

「京進」も生徒とともに塾講師を育てると言う観点があったからこそ、「トラブル=>冷徹に即刻クビ」ではなく、口頭注意やアドバイスをしていたのでしょう。事件が起き、それが仇になったのは結果論。対策が必要とは言え、だからといって、講師陣をがんじがらめに縛りつけ、教師という名の”人間ロボット”を選別・養成する機関となるとすれば何かおかしいと考えます。

テーマ:塾講師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。