日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Part3 DiMAGE S304、一瞬にして2万円値下げ
ミノルタが2001年6月に発売したDiMAGE 7はインパクトがある商品で、ハイエンド機でありながら、ヨドバシカメラの週間売り上げランキングベスト10にぎりぎり顔を覗かせるくらい健闘を見せました。

しかし、4機種同時発表したうち十分に市場に食い込めたのはDiMAGE 7だけ。
姉妹機のDiMAGE 5は画素数が334万画素と平凡で、DiMAGE 7の魅力だった広角28mmではなくこれまた平凡な35mmからのスタートでした。発売も9月にずれこみ、DiMAGE 7の興奮も冷めてしまっていました。これがもしDiMAGE 7と同時発売であればそれでももっと売れたと思います。
DiMAGE E201は前年発売のDiMAGE 2300に動画機能を付加しただけのモデルで、単焦点だわ200g以上と重いわで魅力なし、さっぱり相手にされず。まあ、これはラインアップをそろえるのが目的と推察され、ミノルタとしても本命ではなかったと思います。

私が4機種の中で最も売れると思ったのは、実はDiMAGE S304でした。比較的コンパクトなのに、ライバル機種で一般的な光学3倍を上回る光学4倍ズーム、当初月産3万台。いけると思ったのですが、日本では「野暮ったいデザイン」と評され意外にもスルーされてしまいました。発売時点で69,800円の価格設定だったのが2~3週間で59,800円に。まあこれは仕方がない。しかし、発売から3ヵ月経った瞬間、いきなり2万円も値下がりして39,800円になったのです。カメラ店のチラシを見たとき、これは間違いに違いないと疑ったくらいでした。さすがにここまで値下がりするとネット上では「写りが良い割りに安い機種」として話題になりましたが、量販店のランキングを賑わすには程遠かったです。
安くなるのはもちろん結構なことなのですが、短期間にこれほど値崩れしたのでは69,800円で買った人が少々気の毒でした。

ただ、このSシリーズでは海外では大ヒットし、海外向けのみS404、S414とシリーズは続きました。

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。