日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Part17 DiMAGE X1の割り切り?項目
一見するととっても魅力的なDiMAGE X1。レンズユニットを動かす手ブレ補正は画期的で、コニカミノルタとしてもXシリーズにエース番号の1をつけた自信作であります。それなのに、それなーのに、期待したほど売れなかったのはなぜでしょう?
私の持っているX1の感想から、考察してみましょう。

1.画質に難がある。
1/1.8インチ800万画素のCCDを使っています。競合他社の主流は1/2.5インチの500~600万画素であり、1/1.8インチ800万画素を採用している機種は少ないです。他社よりワンランク上のCCDを使いながら薄型に仕上げたX1がなぜ負けたのか。
私はX1を使ってみて、屋外で撮影すると確かに800万画素の威力を感じることができるのですが、屋内だと途端にノイジーになります。よくよくスペックを見ると、ISO感度が200まで、しかもオートでは160までしか上がりません。従来機種ではISO感度400まで設定可能だったのに、わざわざ200を上限にしたのは、400の絵が見せられないほどひどかったと言うことでしょう。ISO感度200の画質でさえ、他社の400並みと言われています。富士フィルムがISO1600まで設定可能な機種を出していることを考えますと、手ブレ補正があるとは言え、大きなマイナスポイントです。
また、ノイズでよっぽど自信がないのか、シャッター速度が遅くなると有無を言わさずノイズリダクション処理が始まります。これで撮影間隔が延び、結構なストレスとなります。従来機種ではノイズリダクションをOFFする設定があったので、これもノイズリダクションなしの絵は見せられないほど醜いと推察されます。
まとめると、ノイズが多いために様々な制約をつけることを余儀なくされ、せっかくワンランク上のCCDを使っているのがスポイルされてしまっているということでしょう。

2.肝心の手ブレ補正は?
手ブレ補正は額面どおり動きます。「手ぶれ補正1」「手ぶれ補正2」があって、「手ぶれ補正1」だと、シャッターを半押ししてから手ブレ補正が働き続けます。レンズユニットごと動かすので、振動が結構伝わってきて電池が消耗するだろうなーと、落ち着かないです。ですので、私は「手ぶれ補正2」に設定しています。
問題は2点。まずタイムラグが大きめであること。動いている被写体だとシャッターが切れたときには画角から外れているなど失敗率が高くなります。従来のDiMAGE XtとかXgの方がむしろサクサク撮れます。
次に、電池の消耗が早く(公称150枚)、しかも電池マークが出たら手ブレ補正が効かなくなるのです。これでは1日のお出かけが電池1個でもちません。他社製品が300枚とか400枚を売りにしていることを考えると、150枚は寂しい限りです。

3.遅い動作
DiMAGE X1の連写性能は、通常の連写モードだと0.5コマ/秒です。これはつまり2秒に1度しかシャッターが切れないという意味です。手ブレ補正動作が大きく影響しているかもしれませんが、それでは普通に2秒間隔で撮影しているのとあまり変わりません。
他にUHS連写もありますが、画像サイズがVGAに固定されてしまいます。
また、それ以外でも、ファームウェアのアップデートである程度改善できるとは言え、動作は軽快とは言いがたいです。起動は速いんですよ、起動だけは。でもAFとか、撮影画像を確認するときの拡大時とか、結構待たされます。終了処理も時間がかかるときがあってロゴマーク表示でお茶を濁しています。

4.動画も割り切り?
動画はDiMAGE Xシリーズで初めてVGAをサポート。しかし、20コマ/秒とはいささか中途半端ではないでしょうか。「動画は主目的で使わないからいいじゃないか」という意見もあるかもしれませんが、他社はVGA30コマ/秒は当たり前でさらにMPEG-4をサポートする機種も出ている中では、やはり見劣りしてしまうと思います。
ただし、表立って宣伝していませんが、実は撮影中の光学ズームとAFができる点はメリットです。しかもON/OFF切り替え可能。ただ、光学ズームするとズーム音が盛大に録音されます。だから声高にアピールできなかったんだろうな…。

5.高級感溢れる外装
私が持っている色はブラッククロームですが、鏡面仕上げが施されて高級感溢れています。横に置いたDiMAGE Xgがおもちゃに見えるほどです。デザインで損ばかりしてきたDiMAGEシリーズですが、X1についてはこの機種にかける意気込みが感じられるほど頑張っていると思います。
ただ、それ故、汚れた手で触ろうものなら指紋がベタッとついて見苦しくなります。おのずと、カメラの手入れを促されるのでまあ良いのですが。

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。