日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去記事:優勝騒動は「一種のテロ行為」
061016.jpg

2003年9月28日付で作成した日記記事をこちらに再掲示します。
3年前の騒動がいかに凄まじいものだったかを思い出します。
----------------------------------------------------------

阪神タイガースが18年ぶりに優勝しました。私が野球とはどんなものかを知ったのがちょうど18年前の小学4年生のときでした。清原・桑田のPL学園がすごかったので、興味を持ち始めました。高校野球が終わったら今度はプロ野球。折りしも当時は阪神が21年ぶりの優勝に向けて快進撃を続けており、それが縁で私も阪神ファンになったのでした。プロ野球シーズンが終わったら今度はアニメの「タッチ」が大人気。そのタッチが今再放送をしているのも何かの縁でしょうか。
それはさておき、先日15日の阪神優勝の騒動を機に1人の人命が失われたことは記憶に新しいところです。優勝が決まった2日後に飛び込んだ会社員の男性が川から上がってこなくなり、遺体で発見されたのです。これほどの無駄な死に方はないと思います。

原因は、延べ5300人にも及ぶ阿呆な輩(ファンとは呼ばない)と、「煽らない」と言いながら興味本位で取り上げた報道、中途半端なお灸しかできなかった警察など種々の要因が、亡くなった本人の判断力の欠如を誘発し、このような悲劇が起きたのです。もちろん突き落とした人間がいるのならそれが直接の原因かもしれませんが、それは最後の”引き金”でしかありません。

戎橋周辺に集まった多くの無謀な若者をテレビで見ていると、昨今の成人式とよく似ています。自分たちの祝いの席であることをいいことに、市長めがけてクラッカーを鳴らしてぶつける、酒を一升瓶から一気飲みで食らう、車で強引に門を壊す、おもちゃの銃で新成人代表を狙い撃ちするなどやりたい放題。今までにも当サイトで何度か取り上げたわけですが、こんな輩が社会に溢れてくると思うとぞっとします。いや、こんな輩は毅然として社会から締め出すべきなのであります。

今回の優勝の騒動では、道頓堀川に次々と飛び込んだほか、料理店「かに道楽」の看板の目玉が取られてしまったり、警官と小競り合いになったり、さらに馬鹿げているのは全裸になって公然わいせつ罪で逮捕、車の中から花火を打って道交法違反で逮捕といった具合です。これは歴然とした犯罪行為であり、いくらお祝いだったにしても、法に則って厳しく処罰されなければなりません。何よりも人に迷惑をかけることに何のためらいもないことに、私は呆れかえっておる次第です。

私の会社でも、同期の人たち(ほとんど皆阪神ファン)は一様にあの行為を非難していました。私も阪神タイガースの優勝を喜ぶ者の一人ですが、このような愚かな行為は情けない限りで、大阪の恥を全国に、いや全世界にさらしたような格好で、本当に恥ずかしいです。川に飛び込むことは自業自得なのだから良いではないかという意見もあるかもしれませんが、とんでもない。こうした愚か者一人一人の行動が、一人の”死”という重い結果につながったことに気づいてもらいたいのです。優勝が近づいてくると、近くの商店街は店を閉め、店員はさっさと帰宅。くいだおれ人形も店内に避難させなければならない。なんで皆で一緒に祝う権利すら奪うんですか。

やはりこれは絶対におかしい。こんなことがまかり通ってしまうことはおかしいです。将来のさらなる悲劇を防ぐためにも、駄目なことには毅然とした法的措置が必要ではないでしょうか。昨日、かに道楽の目玉事件で被害届が出たようです。かにの人形によじのぼった輩の映像が鮮明に残されていますので、まずは警察にしっかり検挙していただきたい。常識のない者に注意書きの張り紙などないほうがましです。社会をナメた者にはそれなりの処遇を与える必要があると思いますよ。でないと、何の関係ない人や大多数の普通の阪神ファンに失礼ですし、ひいては実際にプレーしている選手や星野監督にも迷惑がかかると思います。

いよいよ日本シリーズ。もう一度、このような愚かな行為によって人命が失われるようなことがあろうものなら、私は阪神ファンであるけれども、もう阪神には優勝してほしくありません。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。