日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発言小町、問題原因はそこにある!
080422.jpg

読売新聞のWebサイトに発言小町という掲示板があるのをご存知でしょうか。職場や家庭、恋愛の問題など様々な相談が「トピ主」つまりトピック主によって行われ、読んだ人がアドバイスなどをレスするというもの。

深刻な問題から笑い話までいろんな題目が並んでいますが、全体的に人間関係で悩む人が多いようです。
例えば「30過ぎの娘が家を出て行きました。娘のことは可愛いと思ったこともないけど、老後の面倒は見て欲しい。娘は進学も就職も縁談も親の思うようにしなかった。どうすれば娘を家に戻せるか。」などと、読むだけでおいおいと言いたくなるようなツッコミどころ満載のトピ。当然批判の嵐になります。そして、トピ主は都合の良い解釈しかせず、意見に耳を傾けて考えを変えるつもりはサラサラなし。これを読んでいると、そうしたトピ主の自分勝手な自己中心的で我侭な、かつ頑固な考え方そのものが、問題原因の本質になるように思えてきます。この人は何を思ったか、第2弾のトピまで立ててしまい、何を求めているのか分からず、ついに「精神科で診てもらったらどうか」とまで書かれていました。

他に「会社の事務員を辞めさせたい。自分は高校生のときにできちゃった婚で家庭に入り、今は30代半ばなので、社長をしている主人の会社の経理を手伝いたい。ただし10年間続けているエステは平日に続けたいし、子育てもあるので週休4日で午前10時から午後2時までの勤務希望。しかしそこには事務員がいて、仕事を教えてもらおうとするとExcel入門の本を渡された。そのくせ、自分は業者を呼んできて教えてもらっている。主人からも知性がないと呆れられているが、これも事務員がいるからに違いない。」という幼稚な相談もありビックリしました。あまりに幼稚なので非難殺到の挙句、「釣りネタではないのか?」とまで疑われる始末。で、トピ主は釣りネタ疑惑には激昂するも、意見・アドバイスはほとんどスルーし、反省の色が全くなしのまま。

いったいこういう人たちは、何を求めてトピを立てているのでしょうか。ただでさえ、辛口意見が多い”小町”なのに、まさか、同意が得られると本気で思っているとすれば…。愚か者、というより、可哀想といったほうがいいかもしれません。でもこういう人って世の中に増えていそうで怖いですね。
批判があっても真摯に受け止める姿勢、前向きに捉える努力、トピに付き合ってくれた感謝の気持ち、どれ一つもないんだったら、トピを立てる意味なんてないでしょうし、時間の無駄だと思うんですが。あっそうか、そういう気持ちが少しでもあれば、そもそも相談する問題なんか抱えていないでしょうね。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。