日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家を取り巻く過去の問題事案
061017_2.jpg

先日、例の、合併したばかりの銀行による事案がありましたが、ここで我が家を取り巻く過去の主な問題事案を整理してみたいと思います。
・1999年9月 Y新聞による強引勧誘事件
新聞購読の勧誘で悪名高い新聞社の販売員による悪質勧誘。Y新聞の販売員が、私が当時住んでいた寮に寮監の許可なく侵入。いきなり住人の部屋を訪れ、「古新聞などありましたら回収します」と嘘を言って部屋の中に踏み込む。そして、景品をどかどか渡しながら催眠術にかけるかのごとく契約を取られた。
翌日風邪をひきかけの体調不良の中、販売店まで解約手続きに。そのとき、「景品を返せ」と言われ、涼風の吹く中を寮まで取りに帰った。風邪が悪化したことは言うに及ばず、後味最悪の事件。その後、同様の手口を繰り返そうとして寮監と揉めた模様。
また当時、同様の強引勧誘が実家周辺でも行われていた。
同社の新聞記事は別に嫌いではない。興味深い記事もたくさんあって、ネットで拝見しているのだが…。

・2002年4月 銀行営業マンが「よその銀行の通帳を見せろ」事件
介護が必要で軽度の認知症だった父の状態を察した営業マンが、本人がほとんど知らない間に他銀行の預金を自分の銀行に預け替えをした事案。さらに調子に乗って「よその銀行の通帳見せて」等と言って事実上家計を乗っ取ろうとした。
母がついにキレて、当該銀行に乗り込み、ボロンチョンのケチョンケチョンに文句を言った挙句、1銭残らずスッキリ解約。ちなみにこの銀行は皮肉なことに、今回の嫌な思い出を作ってくれた銀行と合併して名前が消えた方の銀行です。

・2002年8月 高野山で納得できない駐車料金請求
高野山の入り口の、赤く大きな建造物がある有名な所。車で高野山を訪れた際に、介護の必要な父がトイレに行きたくなった。待てしばしない状況の中、とりあえず通行の邪魔にならない場所に車を止め、なんとか用を足した。しかし、車に戻ってきたときに待っていたのは、ニコニコした顔した老人。両手を出しながら500円の駐車料金を請求。駐車場の看板は一応あったが、矢印マークがあったため、この奥に駐車場があると誤解させる表示だった。後日、高野町役場を通して苦情。ちなみに今も何ら改善されていない様子。

・2002年9月 N氏による詐欺事件
我が家を訪れたN氏が、父の認知症を利用して知り合いを装い、1万円を借りた。借用書の連絡先が虚偽と判明し、翌日警察へ被害届提出。犯人の住所はだいたい特定できているのに警察が動いたのはなんと3年後だった。犯人の親族が返還に応じ示談成立。

・2003年4月 M社による強引に床下工事を始める事件
床下に網やら換気扇を取り付ける例の悪質リフォーム。無料点検と言いながら、こちらが断っているのに勝手に門扉を開けて半ば不法侵入。さらに勝手に床下の網を取り替えた挙句4000円請求。もはや、警察を呼ぶ覚悟で「戻してくれ」と言ったら、「せっかくやったのに…」としぶしぶ元に戻して去った。この会社は後に悪質リフォーム業者として世間に名前が出ることに。

・2004年7月 エアコン工事終わってないのに完了報告事件
関西資本の大手家電量販店でエアコン3台購入、取り付け工事を依頼。下請け業者が3台のエアコンを一応”設置”したものの、配電盤工事が別途必要なのでとりあえず1台だけ配線し、残り2台はブレーカーの手前で配線が途切れた状態。こんな状態で家電店には工事完了報告し、残りの配電盤工事を後回しされ、さらに2週間たっても目処立たず。これでは、馬の頭上ににんじんがぶら下がったまま延々食べられないのと同じ。広告で即日工事を謳っているのにかれこれ3週間かかっているとは何事か!下請け業者に直接クレームするもなおざりな対応をされたため、家電量販店に報告し、即日動いてもらった。

・2005年7月 ハイツの管理会社が怠慢、網戸修理に2週間
網戸が平行四辺形状態で隙間があるので直して欲しいと管理会社に依頼。しかし、工事の方が来られたのは1週間後、持ち帰り修理で引き取ってからさらに1週間しても連絡なし。管理会社は適当に指示出してるだけで、後どうなったのか無責任な姿勢。「たかが網戸、されど網戸。こんなことでは思いやられる」と強烈にクレームした。その日のうちに業者が慌てて修理した網戸を持ってきた。

うーむ、不運なのか、それともうちがクレーマーなのか。いずれにしても、やっぱりこんな苦情を言うのは苦手なんですけど…。

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。