日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学習指導要領移行措置に問題アリ
090308.jpg
2011年度から学習指導要領が改定される予定で、ゆとり教育が見直され、削減されていた学習内容も復活すると言う。それに伴い、学年が上がった時に未学習分野が出ないよう、今年度より移行措置として、追加内容の小冊子を配布していると言う。この件についてNHKニュース9でいくつかの小学校での取り組みが紹介されていた。

まずは小学4年理科で、気温の変化を観察する内容が追加された。教科書にはデジタル温度計を使って時間ごとの気温を記録し、後でパソコンにデータを取り込む実験が紹介されていた。「やってみたい人?」との先生の問いかけに威勢良く「はーい」と手を挙げる児童たち。しかし先生の答えは「残念ですが実験は諦めてください」と言うものだった。「もっと早く移行措置を言ってくれないと、デジタル温度計が手配できない」と嘆く先生。結局、昔ながらの赤い液体が入ったアナログ式の温度計に紙パックで遮光する工作をして観察することになったが、工作に時間を取られて時系列の変化は実験できなかったと言う。
ちょっとちょっと…と言いたくなる。デジタル温度計+パソコンがないと、まともな実験ができないと言うのなら、10年以上前の子供は皆、ロクな教育を受けていなかったことになってしまう。そんな高価な教材を使わなくても、工作の時間をいちいちとらなくても、日常の生活体験や天気予報のデータを活用して、より身近な形で学習に取り入れることはいくらでも可能だ。工夫が足りないのではないか。

次に、小学6年でホウセンカの茎を観察する内容が追加されたため、6月の学習に間に合うよう、4月の放課後、慌てて先生が種まきをする姿があった。ええっ、そんなお膳立てまで先生がやるのかと愕然とした。高学年が観察日記をつけるべきとまでは言わないが、種まきや水やり、肥料をまくところなどは、やはり妥協せずに児童自身が先生とやっていくべきだろう。もちろん全国にはそうしている学校も多くあることは知っているが、中にはこんな学校があったのかと驚いた次第である。

さらに極めつけは水曜日の給食での一コマ。先生が「給食の時間が半分過ぎました。私語はせずにさっさと食べきるように」と児童を急かしていたのである。これは、移行措置により不足する授業コマ数を増やしたい一方で、習い事などの関係で終業時間を遅らせることはできないため、大休憩も昼休みも掃除の時間もすっ飛ばして、しかも始業を15分繰り上げて午後の5時間目の授業を追加したのである。工夫しているようではあるが、実は何の工夫もない、子どもに大きな無理を強いる施策である。これでは水曜日が地獄曜日になるだけではないのか。
勉強時間を確保するための施策は必要ではある。しかし、45分の授業コマにとらわれるからこんな無理なことが出てくるのだ。25分程度のモジュール学習方式を1週間に2回行えば、これでしっかり1コマ増やせるのである。もちろん体育や図工などの教科は適さないが、算数・国語などの基礎基本を強化していくにはむしろこの方が良い場合がある。他にも、各先生が授業での時間の使い方を見直し、例えばプリントを配る時間、連絡をする時間、ひょっとしたらチャイムが鳴ってから先生が教室に来るまでの時間を見直すだけで、十分に目的を達成できるかもしれないのである。授業時間を増やすことは手段であり、目的ではないことを勘違いしてはならない。今はまだ移行段階なのだから、授業時間の増加をコミットする必要はなく、むしろレベルの向上や効率化に取り組んだ方が良いだろう。
十分な工夫をせずに移行措置にもたれかかり、そのあおりを食って、給食もオチオチ楽しめないのは何より子供たちが気の毒でならない。

先生方は上記の事例をどのように思っているのだろうか。現状とりうるベストな手段と思っているのか、様々な制約条件の中で不本意にもこうなってしまったのか。どうも私としては現場の工夫がもう少しあってしかるべきと思うのだが…。

テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。