日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット右翼・考(7)「マスゴミ」よりも不確かな情報
090923.jpg
 100年に1度と呼ばれる世界不況が昨年秋に襲いかかった。私の勤める会社も例外にもれず、2008年度中間期決算への影響が懸念された。

 その不安を増幅させるかの如く、親しい友人からメールで情報が入った。Yahoo!の株式掲示板や2chで、うちの会社が倒産するともっぱらの噂になっているというのだ。株価も3日連続でストップ安。ちなみに社内では全くそのようなアナウンスがなく、逆にそれが不気味でもあった。

 しかも、掲示板では倒産した後どうなるかを考えたり、経営陣への責任追及の声が相次ぎ、ここまで書かれているなら本当だろうと信じ込んでしまった。今考えてみると、まったくもって恥ずかしい話である。
 結局、上半期は大幅減益も、通期予想でも黒字を確保する見込みとなり、記事を書いている今も会社は存在している。

 Yahoo!ニュース掲示板や2chではネット右翼と見られる過激な書き込みが溢れ、マスコミや民主党への批判、中国・朝鮮叩きが垂れ流されている状況だが、これを読みふけっている人たちは、自らの批判対象である彼らいわく「マスゴミ」とやらよりも、さらに信頼性の低い情報に踊らされている危険がある。

 物事の一面を見ただけで全て分かったような気になってしまい、妄想を抱いたまま、それを省みることもしなければ、どのような結果になったとしても全て「誰か・何かのせい」にして済ませられる。本人にとっては楽な話だが、批判される側はたまったものではない。

 ネットの情報を利用する人は若者だけでなく、中高年も増加してきており、つい先日もネットに出ていたという別ルートを通ろうとした登山者が遭難して救助要請するという事態が発生している。
 インターネットの情報と上手に付き合うことと、自分自身を反省しながら次に進んでいくことは、非常に大事なことと考える。

テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。