日頃考えていることを独自の視点でズバリ本音で斬る!ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット右翼・考(8)人権擁護法案に反対する本当の目的は?
091005.jpg
ネット右翼の心情変化を読み解くため、とある中高生の日記を分析しているシリーズ第8回。

2005年3月中旬、日記で連日声高に、巨大な文字を交えて叫び始めた。
「実際は政府方針に逆らう世論を弾圧」する人権擁護法案が可決される動きがあると。
人権を守り、差別のない社会を作る目的で、人権侵害が疑われるような事例を見つけた場合に、警察とは別の人権擁護委員が令状もなく家宅捜索ができてしまう、ということらしい。どこまで本当かは知らないが。

まあ、ここまでは付き合ったとして、さらに”妄想”は膨張していく。政府への不満を言おうものなら犯罪となり弾圧され、民意を反映せず憲法9条も廃止されるという。もっとも憲法改正はネット右翼にとって都合が良いのだが、この時点の筆者は反米主義のため米国の言いなりで戦争に巻き込まれるのは嫌だという姿勢をとっている。
さらに、外国人にも選挙権・被選挙権が与えられ、果ては米国人が大臣になって日本を事実上の言いなりにするという。結果として日本は崩壊し、北朝鮮と同じになると言う(もう書くだけでバカバカしいが)。

確かに、人権侵害か否かをどこで線を引くのか、人権擁護委員はどのような基準で選出するのか、あいまいなまま進めると危険な方向に進むリスクがあることを十分考慮して、慎重にならなければならないのは言うまでもない。しかし一方でよく考えなければならないのは、なぜこの法案が必要だと考える動きがあるのかということ。ある問題を解決する手段としてこの法案があるわけで、その問題は何なのかを深掘りしていかないと、法案の動きは別の形になっても続くだろう。

日記を読み進めるうちに気になったのだが、実は、ネット上で人格を否定するような品のない悪口雑言をこれまで通りに書き続けていきたいから、その障害となるものには反対するということはないだろうか。過ぎたと思える妄想や理由は後付けでもっともらしく仕上げているだけではないか。
そして、情報をいろんなところから集めているのは分かるが、自分に都合のよい情報だけを、しかも信憑性の低そうなところから漁っているようにも見受けられた。日記の前半で「言論弾圧」で自分のWebサイトに目をつけられることを危惧していたことから、困るのは国民ではなく、ネット右翼自身ではないのかと問いたい。それをすり替えて大げさに膨らませて反対運動しているのではないか。

そうした利害関係はさておいたとしても、物事を評価する時に必ず留意すべきことは、事実に基づいて判断することである。推測はあくまで推測として語る分には問題ないが、どこまでが本当でどこからが憶測なのかすら区別のつかない批判は、他から見て信用に足りないと相手にもされないことになろう。例えばかの前航空幕僚長が原爆集会を伝聞だけで評価したことに、どれほどの説得力があろうか。

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。